ナイトサーフの青物はいつまで?

絶対釣れるとか言ってすみませんでした。もうその時期は終わりました(笑)いや、私の誘い方が悪いのかも知れません。とりあえず、ナイトサーフの青物はまた調査しなきゃいけなくなりました。またいいタイミングを探してみようと思います。

12月6日 浜松サーフ

絶対釣れると思ってました。だから動画撮影がメインで向かいました。完全に舐めてますよね(笑)条件は良かったのにアタリもなく終了。

12月9日 浜松サーフ

青物がナイトサーフで釣れる条件はかなり限られていることがわかってきました。この日も全然条件は良くなかったですが、まぐれの1尾を期待してナイトサーフへ。結果はアタリもなし!条件が整うまでは別の釣りをしたほうがいいかもな。オオニベはまだ狙えるようですが。

釣れないなら釣れないで色々考えることがあります。この条件だとやっぱり釣れないということです。

じゃナイトサーフの青物はいつまで?ということですが、とりあえず今年1月にナイトサーフでワラサが釣れたことがあるので、その時期まではイケると思います。問題はどんな条件の時に釣りに行くかです。

自然相手ですから絶対なんてことはありませんが、少しでも確率の高い日に行けるといいですよね。とりあえず次回は、私的には条件が1つ欠けた状況の釣りになりそうですが。そこで釣れるのか?調べてきます。

釣りにいけないので、道具のメンテナンスをやってみました。かなり痛みが進んでしまったフィッシュグリップ!

押しバネの腐食が進み、もう伸びきってくれません。つまり、アームを広げることはできても閉じてくれません。フィッシュグリップのアームは押しバネが元に戻ろうとする力で閉じているのでバネを交換しなくてはなりません。

意外と作りが簡単そうだったので、早速六角レンチでネジを外します。ほいほい、順調~。

むむむ、ちょっと固いな。うーーーーん!

ガコッ!!

ネジが塩がみしていて全く回転しないネジ多数!むりやり力で回そうとしたのでネジ穴は潰れる、レンチが欠ける。

塩がみしたネジでググります。すると

【お湯につけると良い】

そうなの?やってみました。

一晩も漬けてられないので、2時間ほどで作業再開。ネジはどうかな?よーーし。

ガコッ!!

はい。動かないものは動きません(笑)でも2箇所ほど追加でネジが外れてくれました。そこからどうにかトリガー部分を取り出し、ネジを入れ替えて~~~

じゃーーーーん!

意外とイケた(笑)

とりあえずもう一度お湯ですすいで乾かして、ダイワリール用のグリスを差します。

カシャン!カシャン!

おおーーー!すげーー!直った(笑)

図工”2″でも大人になるとやれるんだな!






ま、新品買っちゃってるんですけどね。

先代が朽ちるまで、君はおやすみ
この記事を書いた人
釣りメンぱぱ

埼玉県出身。愛知県在住30代サラリーマン。幼児期のニジマス釣りで釣りにハマり、現在ではチニング、メバリング、アジング、サーフ、シーバス、トラウトなどおかっぱりのルアーを中心に日々奮闘中。

釣りメンぱぱをフォローする
釣り具
スポンサーリンク
シェアする
釣りメンぱぱをフォローする
釣りメンぱぱの釣りブログ