掛けるアタリと乗せるアタリ

やっと釣りの醍醐味にかかわるところまできました。これはかなり色々な意見があるところです。なんてったって釣りの最も面白い瞬間の1つなんですから。楽しみ方もそれぞれです。

掛けるアタリと乗せるアタリって?

「アタリ」と一言で言っても様々なアタリがあります。コンッ!という一瞬のものからググググッ!という潜り込むようなアタリまで様々です。

このアタリを大きく2つに分けて分類しているのです。

こんな特徴、掛けるアタリ!

とにかくアワセることに全集中力を使います。気を抜いたら負けです。目はギラギラです(笑)

簡単に言えば「掛けるアタリ」とは一瞬のコンッ!というアタリに瞬時にアワセを入れるものです。アワセ方も手首でスッ!とアワセるような小さいものが多いです。

自分の技術で魚を掛けた!という実感が強いのでとても達成感のある釣り方です。掛けるアタリはヘラブナ釣りや渓流のエサ釣り、アジング・エギングなどのフォールでの釣りで多いアタリです。

ロッドは掛けに特化した張りのある、やや硬めの穂先のものを使用することが多いです。チューブラーと呼ばれます。

こっちがチューブラーで

こんな特徴、乗せるアタリ!

「来い来い来い、、、」

「ほらほら、、、」

心の声が聞こえてきます(笑)このハラハラドキドキ、もはやイライラに似た感覚を楽しむのです。

「乗せるアタリ」とはググググッ!という潜り込むような深いアタリを待ってから、アワセを入れるものです。アワセ方はしっかりハリを掛けるために、比較的ゆっくりで大振りのアワセが多いです。

一般的には即アワセではバレてしまうことが多いため、「どこまで待つか?」というハラハラドキドキ(イライラ?)を楽しむことができます。フッキングが成功した時の解放感!たまりませんね。乗せるアタリは巻物系ルアーやトップウォーター、泳がせ釣りなど複数のハリを使うことが多いです。

ロッドは乗せに特化した柔らかい穂先のものを使用することが多いです。こちらはソリッドティップと呼ばれます。

こっちがソリッド。見た目じゃわかりません(笑)

どっちも楽しむのが◎!

そりゃそうですよね(笑)

釣りをしていると、どちらのアタリも出ます。例えば渓流釣りでは、魚が小型の場合には即アワセせずに、あえて乗せることも必要になります。これは状況・環境に合わせて対応することになるので、結局どっちもできるのがベストなのです。

掛けるアタリも乗せるアタリも楽しむ。

釣り方や魚種によってアタリは様々なので、色んな釣りをやってその楽しみを増やしていってください。

この記事を書いた人
釣りメンぱぱ

埼玉県出身。愛知県在住30代サラリーマン。幼児期のニジマス釣りで釣りにハマり、現在ではチニング、メバリング、アジング、サーフ、シーバス、トラウトなどおかっぱりのルアーを中心に日々奮闘中。

釣りメンぱぱをフォローする
スポンサーリンク
釣りメンぱぱをフォローする
釣りメンぱぱの釣りブログ