不安定さが魅力!?サーフ

ここではサーフでの釣りを紹介します。ここ最近大人気のサーフフィッシング。なぜ取り憑かれる人が多いのか、その魅力をご紹介します。

狙いはヒラメ

サーフフィッシングでの第一のターゲットはヒラメです。

ロクな写真がなくてすみません

ヒラメは主に水深のある海底で小魚を捕食しています。ポイントは岩がゴツゴツしているエリアの近くを好み、小魚が通りがかると、驚くほどの速さで一瞬で食らいつきます。

サイズは10cm程度~80cmほどになる個体もあり、ご存知の通りとても美味しい高級魚です。

釣り方

正直、このサイトで紹介している釣りの中では最も重装備な釣りです。「ただ砂浜で釣りするだけなのに?」と思うかも知れませんが、そう簡単ではありません。

まず、この釣りは遠投が基本です。遠投しなくても釣れないことはありませんが、遠投するだけチャンスは広がります。

さらにヒラメは海底にいる魚ですので、底付近を探るように開発されたルアーがほとんどです。

そのためルアーは15cm前後で30gを超えるようなミノーであったり、30~40g程度のメタルジグを使用します。ジグヘッドとシャッドテールを使ったワームの釣りは特に好評ですが、これもやはり30g程度のウェイトがあります。ただ巻きやストップ&ゴーなどで底より少し上を探ります。

これらの重いルアーを安定してキャストするにはロッドは10f以上でMH、リールも4000番台以上が基本となります。

さらにサーフは突然大波が来ることもあるため、ウェーダーとフローティングベストは必須です。サーフ経験者は特に気をつけているとは思いますが、それでも胸の高さに大波を食らう恐怖は誰もが経験します。

一番伝えたい!この釣りの魅力!

そんな重装備でヒラメを狙うサーフがなぜ人気なのか?「スーパーで買えばいいじゃないか」と思いますよね(笑)

そう思うとこの釣りは特に理解し難いかも知れませんが、ぜひ読んでください。

①不安定なサーフ

一番の魅力、これなんです。

なかなか釣りに行けないことが魅力です。

さっきの疑問解消されてないですよね(笑)今から説明します。

サーフは波が高いと釣りに行けません。風が強すぎても釣りになりません。当然雨が強けりゃ釣りに行けません。

そう、釣りに行くことそれ自体が様々な障害があるのです。ただ、そんな大自然の変化を読み切って魚を引きずり出すことに最大の魅力があります。

常にワンチャン気分てことです(笑)

これが最高にドキドキ、ワクワクするんです。

②釣れないことが魅力!

ごめんなさいね(笑)でもこれがサーフの魅力!

もう初心者からすれば、なかなか釣りに行けないのに、行っても釣れないなんて「は?」って感じですよね(笑)

まあ、ハッキリ言えばギャンブルに似ています。常にこちらが不利な状況で、ほぼ勝てない戦いです。しかし、そんな中でもたまに勝つこと(釣れること)が最高の報酬になるのです。釣れなかったこと、その悔しさはサーフに通ってしまう1番の原因になります。

さらには周りが釣れていない中で自分だけ釣れたという快感(笑)

③ショアからヒラメが釣れる!

やっと釣りらしい理由です。うん、ヒラメが釣りたいんです。ただ、ヒラメのどんなところが好きかと問われるとなかなか答えに窮してしまいますが(笑)

そう、美味しいですよね(笑)

④他の魚種でフィーバー!

サーフではよくナブラを見ることができます。小魚がブリなどに追われ海面をバッチャバッチャと魚が跳ねることです。その瞬間、釣り人走り出します(笑)

一瞬の出来事なのですぐにルアーを投入するためです!そこではブリやサワラなど驚くほどの引きを味わうことができます。ヒラメでなくても楽しめることもサーフの魅力です。

他の魚種ではマゴチやシーバスも釣れます。マゴチは夏場特に美味しい魚ですし、シーバスはなぜかサーフで釣れるときは(私の経験では)大型が多いです。

まとめ

サーフは装備だけでなく、メンタル的にも初心者には敷居の高い釣りと言わざるを得ません。

ただ、苦労したからこそヒラメが出てきた時には大興奮します。前後の記憶が若干なくなるくらいで、どうやって釣ったっけ?(笑)となります。この興奮を味わえるのはサーフに立つ勇気のある人だけです。

もし、初心者が経験者にサーフに誘われた時には、釣れなくても文句を言わないであげてください(笑)

この記事を書いた人
釣りメンぱぱ

埼玉県出身。愛知県在住30代兼業サラリーマン。幼児期のニジマス釣りで釣りにハマり、現在ではチニング、メバリング、アジング、サーフ、シーバス、トラウトなどおかっぱりのルアーを中心に日々奮闘中。

釣りメンぱぱをフォローする
スポンサーリンク
釣りメンぱぱをフォローする
釣りメンぱぱの釣りブログ